徒然日記

俺の料理

インチキ冷やし中華を作る

インチキ冷やし中華を作る

梅雨が明けたらいきなり猛暑だ。 猛暑となると昼飯は冷たい そうめん(この際冷や麦も含む) そば うどん 冷やし中華 となる率が急激に向上する。 ローテーションで食べても、似たようなめんつゆ味だと飽きるという物だ。 ここでは、冷やし中華がその味の違いを際立たせてくれ、ちょっとした道化役を演じてくれる。 夏の昼食のラインナップ中の、三枚目役者と言えよう。 話はそれるが二枚目、三枚目というのは歌舞伎における看板の順番を示しており、二枚目が若手、三枚目は道化役が書かれるという習慣から来ている。...

暑い日には冷たい和食がよかろう!

暑い日には冷たい和食がよかろう!

急に梅雨が明けたかのように暑い。 さて、昼には何を食すが良いのだろう? これは日本人の誇りをかけた思考ゲームだ。 暑い時に熱い辛い物でも食べて、汗ダラダラになりたい人は、そうするが良い。 ただ、和食にはそんなメニューは存在しない。 昼は和食。 これは日本人の誇りであろう。 カレーやラーメンなど以ての外なのだ。 近所の双葉食堂からごま油の匂いが漂ってきたとしても、決して負けてはいけないのだ。 そんな、負けても良いような勝負を脳内で続けるのも不毛なので、ここは一つ冷や汁か冷たい茶漬けでも一杯いこうじゃないですか。...

天丼もどき

天丼もどき

天ぷらという料理が好きだ。 しかし揚げ物を作る行為が嫌いだ。 油を大量に使うのが嫌だ。 他に大して揚げ油を使う事が無いため、一度使った油を使い切るまでが苦痛なのだ。 (捨てるのは忍びない。車を改造して廃油で走るようにしろって?そうすると今度は廃油の調達が悩ましい。あれ?以前にそんな漫画を描いたような気が・・) しかし天ぷらは美味しい。 天つゆに大根おろしを入れて、天ぷらを浸けて食する・・ うーん、なんという悦楽。 天丼もいい。 甘塩っぱいつゆを吸って、ご飯までもが美味しくなる。 なんという極楽。...

私家版・理系料理論 概論

自分、料理するんですよ。 自分は昔から常々、料理は理科の集大成だと感じながら作ってきました。 自分にとっての料理とは、まさに理系の研究材料として、恐ろしく広く深い知識と経験を得られる格好の研究分野です。 そこで、自分が考える理系の料理論をぶち上げて行きたいと思います。 最初に考えなくてはいけないのは、料理とは一体何なんだろう?ということ。 まずは自分なりの料理論です。 料理の定義から始めないと 料理とは、素材のままの状態を指すことはまずありません。...

ぬか漬けの捨て漬け、食べてる?捨ててる?

ぬか漬けの捨て漬け、食べてる?捨ててる?

皆さん、ぬか漬けは美味しいですよね。 でも自分で漬けるのは面倒なので、僕はこれまでは買ってました。 しかしどこの店にでも有る訳でも無く、「ぬか漬け風漬け物」で妥協することも度々・・ これじゃいかん! 何でも自作する僕が、ぬか漬けを漬けなくてどうする! 「売ってないのなら、自分で漬ければ良いじゃないの」 脳内のアントワネットもそう言ってます。 そう思い立って米糠とふた付きポリバケツを購入しました。 ぬか漬けに必要なのはぬか床ですよね。 更にこれを育てるために最初にすべきなのが、そう、捨て漬けです。...

乾燥讃岐うどんを超エコに茹でる

乾燥讃岐うどんを超エコに茹でる

暑い日には冷たい麺ばかり食べたくなります。 とは言っても、札幌では暑いのは日中だけですから、昼食限定ではあります。 しかしながら、毎度乾麺を茹でて食するにあたっては、大きな障害が立ちはだかります。 そう、お湯で茹でると言うその行為です。 讃岐うどんとなれば、その障害の大きさに目眩までしてきます。 なにしろ大量なお湯が必要ですし、茹で時間などは10分を超えます。 キッチンに大量の熱エネルギーが貯まり、調理を楽しむ感じじゃなくなっちゃうんですね。 そこで僕は、色々試してみましたよ。...

そうめんを中華麺に改造して食べる

そうめんを中華麺に改造して食べる

そうめんは美味しい。 そうめんは茹で時間が短く、エコである。 そうめんは細いので、冷やす水も少なく、エコである。 などなどの理由から、ウチの夏の昼食の定番はそうめんと中華麺です。 中華麺も北海道では安く入手できるので、買い置きしておいて、つけ麺などにして食べています。 しかし中華麺を食べたいのに、そうめんしかない時があります。 そんな時は秘密兵器、重曹(またはセスキ炭酸ソーダ)の出番です。 そうめんを茹でる際のお湯に、大さじ一杯くらいの重曹を投入します。 あまり入れすぎても、麺の表面が融けてしまうので入れすぎは禁物です。...

ポップコーン

ポップコーン

かつて、お笑いコンビとして「ポップコーン」と言う双子漫才コンビがいました。 ポップコーンの構成メンバーは正一と正二で、同じ顔をしていました。 学生時代には良くネタにしていたものです。 自分「わはは!その顔、ポップコーンみたいだね!」 友人Y「ポップコーン?正一?正二?どっち?」 自分「どっちだろう?」 友人Y「どっちも一緒の顔だよ!」 ってな具合に。 話変わって、いつになっても酒のツマミに食べるポップコーンは美味しいですね。 ポップコーンと言っても、破裂済みのポップコーンよりは未破裂の物が断然美味しいんです。...

だし(山形風)

だし(山形風)

うろ覚えで郷土料理を作ろうシリーズ。 山形編第2弾「だし」 冷奴に少しマンネリ感を感じ、何か良い薬味は無いものかと脳内をググって見た。 そうしたところ、検索上位に出て来たのが又しても山形名物の「だし」。 多種類の香味野菜を刻んで漬けた、浅漬けと言った風情の食べ物だ。 もう、クックパッドなど見ないで作り出しますよ、私は。 冷蔵庫にナス発見。 ミョウガも使えそう。 生姜はマストかな。 大葉があればなお良かったところ。 とにかく刻んで、ポリ袋で昆布だしと一緒に揉もう! ナスは細切りにするとイイよ! 20秒で完成。...

カレーソムリエになるのなら、具は入れないのだ

カレーソムリエになるのなら、具は入れないのだ

今日のお昼は「具なしカレー」に挑戦! ルゥの出来がストレートに判るとネットで評判なのだ。 作り方は簡単、熱湯にカレールゥを入れて溶かし、沸騰させるだけなのだ! 使用したルゥはジャワカレーの辛口! ハウスカレーシリーズ内での辛さレベルは5、これより辛いのはジャワカレー・スパイシーブレンドのみだ。 ・・3分で完成。 見た目は悪くない。 何故なら昨今、具が見えないカレーライスも珍しくはないから。...