北海道では普通に売られているのに、本州ではあまり見かけない食べ物があります。
そのうちの一つ、糠ニシンは僕の大好物の一つです。

この糠ニシン、ニシンを米糠と塩に漬け込んでおいただけの代物。
買ってきたのなら表面の糠を洗い流して焼きます。

この際、幅3センチ程度にぶった切ってから焼くと、後で役立ちます
何故って?
極端な味がするので、一度にそう多くは食べられないのですよ。

そう、もの凄くしょっぱいので、この一切れでもご飯3膳くらい行けちゃうんです。
でも、それが正しいあり方!
水に漬けて塩抜きなどしたら旨味も抜けちゃいます。
ちびちびと5ミリ程度の破片を口に運び、すかさずご飯をぱくっと口に入れ、口の中でブレンドするのが美味しい食べ方なのです。

大変コストパフォーマンスに優れた食べ物なのです!

なので焼いた後で、小さなタッパーなどに入れて冷蔵庫で保存しましょう。
普通の焼き魚などよりも日持ちします。

どこぞの質問サイトで、しょっぱくて食べられない等と言っている人がいましたが、それは一度に多くの糠ニシンを口に入れすぎているだけなのです!
ちびちび食べれば良いのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)