秋、北海道の食料品売り場はサーモンピンクに染まります。
白鮭(アキアジ)が切り身、一本まるごと、半身、筋子、アラ、そしてブロック(切り身4枚分ほどの塊)などなど、様々な形で並んでいます。

このブロック、買って帰った人は何を作っているのでしょうね?
そのうちの一人に聴いたところ「フライを作ってます」と、答えが返ってきました。
そう、僕が自分の脳内に聴いて、返ってきた答えなのです。

このブロック、塩味が付かない生のアキアジの身です。
先に言った大きさで、だいたい300円〜400円です。
これでだいたい二人分に相当します。
原産地は北海道沿岸の海です。
生まれた場所を遠く離れ、北洋で小エビをたらふく食べて回遊し、その身を小エビの色素でピンクに染め、生まれ育った北海道の川に遡る前の、まさしく脂がのった美味しいアキアジ君の胴体の一部なのです!
他の人がどう料理しているのかリサーチすらしていませんが、間違いなくこれはフライ用なのだと僕は思っています。
みんな買って帰って、家でフライ祭りを開催しているに決まってます。

基本的に我が家では揚げ物を作りませんが、この季節だけは別でアキアジのためだけに片栗粉とパン粉を買ってきます。
そう、1年に一度しか揚げ物を作らないのです。
今年もキッチンの引き出しを開けたところ、去年買ったパン粉とご対面。
今年最初のフライ祭りは去年のパン粉で間に合いました。

このアキアジフライですが、ブロックを一口大に切り、塩こしょうで下味を付けた、何の変哲も無いフライです。
鱗なんて取らなくて良いですが、骨が身の間に残っていることがあるので、指で探して骨抜きで抜きましょう。
このフライ、驚くほど旨いのですよ。
我が家ではこの季節になると、週に三回くらい揚げちゃいます!

揚げたアキアジは好きに味を付けて食べるます。
我が家ではウスターソースか醤油で食べます。
混ぜちゃっても美味しいです。
僕はソースを表面に付けて、身を割って醤油を垂らす食べ方が気に入っています。
ああ!思い出すだけで、口の中がフライ祭りや〜!

アキアジブロックをスーパーで見かけ「どう食べるんだろう?」と疑問に思っていた方、フライにするのです。
お宅でも是非、フライ祭りを開催していただきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)