旬の食べ物って安いですよね。
それに美味しいですし、いつかは店先でも見なくなってしまうので、いつまでも同じ物は食べられず、結果的に栄養の偏りも起きません。
旬の物を食べると言う事は、良い事ずくめなのではありませんか?
今日は存分に旬を迎え、安く売られていた生の枝豆で絶品のおつまみを作っちゃいます。

お店で目に付いたのが、500グラムくらいは入っていそうな袋入りの枝豆。
これがなんと100円!
ビバ!畠山商店
もう一生ついて行きます!
もちろん北海道産です。(詳しい地名は不明ですが・・)

買ってきた生の枝豆
買ってきた生の枝豆

今日は袋の中身半分を食べる事にします。
250グラム相当でしょうか。
でも皮は食べないので、実際に食べるのはその半分程度ですね。

まず水で洗って、塩大さじ1杯をふりかけ、表面の毛を落とすように揉み込みます。
その塩が付いたままフライパンに投入し、水もカップ1/3ほど入れて蒸し焼きにします。

最初は蓋をして蒸し焼きに
最初は蓋をして蒸し焼きに

ほどなく水も無くなりますので、蓋を取って中火で焼き続け、水分を飛ばしていきます。
そのまま鼻歌でも歌いながらフライパンの中をかき混ぜ続け、適当なところで動きを止めて豆の表面に焦げ目を付けていきます。

焦げ目が付くまで焼くのだ
焦げ目が付くまで焼くのだ

良い匂いがしたら完成!
皿に移してみんなで食べよう!

さぁ!むさぼり食うのだ!
さぁ!むさぼり食うのだ!

茹で枝豆と違って香りがお湯に逃げず、すごく歯ごたえがあります。
まさに「豆を食べている」感覚です。
美味しいのに大量の水も使用せず、水が沸騰するまでの時間も要らず、大変エコでもあります。
あえて難点を挙げるとすれば、茹でるよりも面倒を見る時間が必要な点でしょうか。
でも美味しいから全然気にならないです。

今日は材料費50円で、絶品のおつまみが1品出来てしまいました。
いやぁ、旬な食べ物って良い物ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)