札幌にも油そばを出すお店がありますが、僕の場合は過去に親しんだ油そばこそが油そばであって、その味が忘れられずに何度か再現すべく、試行を繰り替えしています。

最近はあまり作っていなかったのですが、急に思い出して作ってみました。
その油そばを食べたお店の名は「宝華」。
福島県の安達町にある中華料理屋さんです。

このお店、出来た当時のインパクトが凄かったです。
屋根に「今話題の油そば」と、でかでかと書いてありました。
参考画像)何だか興味を引かれ、入って食べました。
最初はピンとこないんですが、食べた後にまた食べに来たくなる味でした。
そんな宝華の油そばを、レッツ!再現!

宝華は中華料理屋さんです。
油そば以外の麺類も食べてきましたが、感じるのは鶏ベースとオイスターソースでした。
今回はベルの華味にこの二者をプラスして、再現を試みることに。

しかしながら最近ネット界隈で見かける油そばのレシピが、無法地帯になっている事を、あなたはご存じでしょうか?
元はと言えば、二本松の宝華のルーツである東小金井の宝華が油そばの源流です。
この油そばの特徴は、特にスパイシーでは無く、中華麺を使ってること。
それに引き替えネット界隈の油そばは、そうめんを使ってみたり、それこそ日本そばを使ってみたり、東南アジアの調味料を使ってみたり、果てはカレー味だったり・・
油そばって、汁なしで油っぽけりゃ良いのか?って感じです。
そんな感じで、どちらかというと源流に近い中華料理屋の油そばを食べたくなったのでした。

まず中華麺を茹でます。
スープ用のお湯を沸かし、どんぶりにベルの華味を大さじ1/2、味の素の鶏スープの素(塩分少なめ)を小さじ1、オイスターソースも大さじ1/2程度入れてお湯を注ぎます。
ここでいつものようにリケンの素材力、かつお出汁を1/2袋ほど入れてしまったのですが、後で考えるとこれは余計だったかもしれません。

具は再現してません。
モヤシ1/2袋をチンして、どんぶりの中に麺を投入した上に載せ、ベランダから採ってきたネギも刻んで載せます。

さて、ここで問題の油です。
宝華の油は多分、白ごま油です。
ごまの香りはあまりしないんですが、何となく甘いような、マイルドな油です。
これを再現するには同じ油を使うのが一番ですが、我が家に白ごま油は常備してません。サラダ油をダバっとかけて、普通のごま油を2〜3滴垂らすだけにしておきます。

うん、いい線いってるかも!
かつおの香りがちょっと余計ですが、かなり再現できた感じです。
まぁ、食べたのは7年以上前なので、大分記憶も薄れているのかもしれませんがね。
今度はかつおは入れないで作ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)