ベランダの二十日大根がいい感じ育っちゃって、「よーしこれから毎日みそ汁に入れちゃったりしちゃうぞー」なんて気分になりました。

そんな今朝の事、おもむろに葉の裏を見て、気絶しそうになりました。
そう、不完全変態な奴ら(アブラムシ)がコロニーを形成していたんです。

もう、居てもたってもいられず、バケツに水を汲んできて、急遽収穫作業です。
不完全変態な奴らを指で落とし始めます。
そんな僕の脳内に、永井一郎氏の声がこだまします。

「人々は、自らの行為に恐怖した・・」

ん?
何でこのフレーズが出てくるんだ?

あまり気にしないで不完全変態な奴らを落とす作業に戻ります。
半分程度の二十日大根を収穫し、奴らがほとんどいない個体を残して台所に移動です。

大根になっている個体は収穫した個体の内の半分程度。
出来高はあまりよくありません。
これも、あまり間引きをしなかったせいでしょう。

大根部分はスライスして甘酢に漬けます。
葉の部分は何度も洗って水を張ったバケツに沈めておきます。
この間にシャワーを浴びて、何に加工するか考えます。

シャワーを浴びていてふと思いつきました。
「さっきの永井一郎氏のナレーション、コロニー落しの映像のバックに流れていたよ・・・」
そうです、僕がアブラムシのコロニーを必死で葉から落としていたその行為に、関係していたナレーションだったのです。
なんと言う一致でしょうか、自分で驚きました。

さてさて、葉の方はひとつかみ分程度を水から出して、良く水を切って5ミリ程度に刻みます。
そして大葉を10枚程度、これも刻んで一緒に醤油で漬ける事にしました。
食べる前から美味しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)