嵐の夜に突然やってきた田島に、民子さんは何かの「つゆ」と蒸しパンを差し入れします。
蒸しパン・・懐かしい・・
昔はずいぶん食べたものです。


そういや、昔は各家庭にオーブンなんて無かったので、お菓子を自作するにしてもホットケーキか蒸しパンか、もしくは芋をふかした類のものでしたねぇ。
今の子どもは何を食べているんでしょうね。
昔の子供は粗食で腹を満たす、ヘルシーな食生活でしたね。

田島がやってきた日に牛のお産が始まります。
夜中に目が覚めた武志が異変に気づき、お母さんの身に何かあったら大変だと、おもちゃの刀を携えて飛び出してきました。
しかし何と言いますか・・武士の格好、頭巾のような物を被っておもちゃの刀を振りかざし・・ほとんど忠臣蔵ですな。
画面に見える異質な丸い物体は灯油のタンクです。
北海道では、18リットルずつなどとチマチマ石油を買っていると凍死しますから、100リットル単位でタンクローリーにやってきてもらって買います。
ダイナミックですよね。
自分はこれが普通だと思ってました。
それにしてもこの丸型タンクはもう見かけませんね、スペースファクターや量産性が悪いからでしょうか。

あくる朝、田島は民子さんに礼を言って駅に向かいます。
どこに行くのかなぁ?
・・と思ってましたら・・

なんと!
線路を歩いて行きます!
お金がないんですね・・
泣ける話です。

民子さんの家の前に、破れたビニールハウスがありました。
ビニールハウスの小さいものを建てている家庭は、たしかに当時結構ありましたね。
木枠に自分でビニールを張って作ってました。
何しろ北海道の夏は短く、更に寒いですからね、普通の作物を作るのは大変だったんですよ・・

故ハナ肇氏演じる虻田兄弟のアニキが、タラバガニやらでかいカレイやらを持ってやって来ました。
クロガシラでしょうか、これは刺し身にするとものすごく美味しいんですよ。
札幌では口にしてないなぁ・・
オホーツクはいいなぁ・・
と、思えるカットです。
この後虻田は、民子さんに迫って田島に追い出されます。
田島は一度は線路を歩いて行ったのですが、また民子さんのウチに厄介になっていたんですね。

虻田のクルマはクラウンのバンかワゴンです。
配送用のようです。
料亭を経営しているようですね。
それにしてもタラバガニやクロガシラは大盤振る舞いです。
よほど民子さんに惚れていると見えます。

このクルマに書かれた文字、料亭オホーツク、虻田兄弟社などは右から左向きで、自家用と電話番号は左から右向きに書かれています。
混乱しないんでしょうかね?

虻田が走り去った後を見つめる田島の背景に犬小屋がありました。
犬を飼ってるのかな?
・・とも思ったのですが、結局この後、犬は出てきません。
大きさからして、スピッツとか北海道犬ですかね?
北海道の人は犬を番犬として飼うことが多く、寒さに強い北海道犬が好まれました。
北海道犬は、アイヌの人々も愛した人間のパートナーで、勇敢で機敏、忠誠心も高いのです。
ソフトバンクのカイ君も北海道犬ですよ。

虻田三兄弟がジープから落ちそうになりながら画面の奥から走ってきます。
グオーって。
今考えると、ジープって結構危ないクルマですよね?
人が落ちちゃう事も多かったと思います。
余談ですが、僕は三菱でバイトをしたことがあって、古いジープが工場にレストアに入ってきた事がありました。
整備士はエンジンルームを見るなり、「サイドバルブだよ、部品無いから直せないよ」と、のたまいました。
結局修理不能ということでそのクルマは廃棄されてました。
・・何とかならなかったのでしょうかね?
残念な思い出です。

民子さんの義理の親戚の一人が、流暢な北海道弁を話しています。
北海道は様々な地方からの移民の土地なので、標準語に近い成り立ちをしています。
「言葉」そのものは標準語に近いのですが、イントネーションが不思議な感じです。
民子さんや田島や主要キャラは標準語を話すのに比べ、この方はやたらと北海道弁が上手です。
それもそのはず、調べると現地の方だったのだそうです。
「北の国から」もこのレベルで北海道弁を駆使してくれていれば、僕も見たのですがねぇ・・
そう、妙な北海道弁を聴くのは苦痛なので、我が家では「北の国から」を見てなかったのです。

ハナさんの主演映画に「バカがタンクでやって来る」ってのがあります。
やっぱり山田洋次監督だそうです。
これは、
『馬鹿まるだし』『いいかげん馬鹿』に続く、『馬鹿シリーズ』第3作である。(WikiPedia)
だそうで、とんでもないネーミングだと僕は思いますよ。
それと関係有るのかどうかは知りませんが、虻田はトラクターに一人一台でやってきます。
ジープで殴りこんできたのですが、返り討ちにされたんですね。
それをきっかけに虻田三兄弟は田島を慕い始めます。
「アニキ」なんて呼んだりして。
田島としては、特に何も言いません。
健さんキャラ爆発です、とことん無口なんですよ。
虻田ときたら、料亭の経営者の筈なのに、何気なくトラクターを振り回してガンガン田島の仕事を手伝っていきます。
そういや田島もトラクターを上手に操っていました。
それを言ったら民子さんも。
いやはや、皆さんいろんなことが出来るんですなぁ・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)