前回は「華味」で山形風冷やしラーメンを作ったのだが、夏が来たからには(?)北海道の冷やしラーメンも作って食べなければいけない。
そこで今回は、セイコーマートでベル食品のスープを買ってきました。
同じ「冷やしラーメン」ですが、こちらは本州で言う「冷やし中華」なのがややこしい。
生麺はと言うと、セイコーマートがPBで生麺を出してくれています。
道民はこれで年中、冷温にかかわらずラーメンを食べることが出来ます。

このスープ、メーカーであるベル食品は北海道の食品メーカーで、麺つゆやレトルト食品などを手がけている老舗ブランド。
道民なら知らないとモグリと言われるレベル。
ジンギスカンのタレなどは、道外へのおみやげにもぴったりです。

このラーメンスープの良いところは酸味がまろやかで、生姜やタマネギエキスが入っていることもあって味に深みがあること。
北海道では他にもミツカンのスープが売られており、どちらかと言うとシャープな味で、好みで選べば良いことになります。
(余談だが北海道・東北以外では夏季限定商品らしい。寒い土地の人は季節を問わず冷やし中華を食べていると言うことなのか?)

さて、このスープで作った今日の冷やしラーメンですが、

  • まず前回の残りのモヤシを、レンジでチンして冷やして具にする。
  • レタスがあったので、食べやすく千切りにし、同時に味を絡みやすくする。
  • キュウリも千切り、こいつは栄養がないことでギネスブックにも載っている凄い奴だ。
  • 動物性タンパクも欲しいので、手っ取り早くツナ缶を開けて中身を載せる。
  • 冷麺風にキムチのタレをかけてみよう、きっと合うはずだ。

で、出来たものは・・
ラーメンサラダじゃない?これ?と言う感じの物。
食べた感じもラーメンサラダです。

大変美味しゅうございました。
お腹一杯、ごちそうさまでした。

※ラーメンサラダとは北海道の食べ物で・・「季節を問わず食べる冷やし中華」と言っても間違いではない感じの食べ物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)