10月26日の晩、友人Mとのチャット記録

自分 :Leopard買ったよ。
友人M:ワシントン条約違反やな。
自分 :それは動物の。
友人M:違うよね、分かってるよ。
友人M:でも、アレやね、いくら北海道で道が広いっても、運転しづらそうやね。
友人M:ドイツ車でも、さすがにキャタピラ付いて、砲塔ついてるとナンバーとか取れるのかなー。
自分 :それはドイツの戦車。
自分 :実は中古で安かったんで、ホントはソアラが欲しかったんだけど、同じようなモンだし、これでもいいかなーと・・。
自分 :あぶないデカにも出てたし。
・・と、ここで通信トラブルとなり、話が中断してしまいました。

※ここで友人Mを紹介しましょう。
彼とはオンラインゲーム、ガンダム・ネットワークオペレーションで知り合ったのですが、2002年に知り合って以来、まだ会ったことがありません。
どうやら大阪在住らしく、福島にいた頃はまだしも、札幌からではおいそれと会いに行けなくなってしまいました。
二人で様々なネットワークゲームを、次々とつまみ食いしては飽きて、現在は夜のチャットで再会する程度となってしまいました。
年齢も近く、話が面白いため非常に楽しい人物です。

話をLeopardに戻します。
この日私は、初めて発売イベントという物に行ってきたのでした。
イベントの会場はアップルストア札幌店。
ブツはと言うと、MacOS 10.5 愛称Leopard。

何もそんなに急いで買わなくても良さそうなモノですが、私には早く買わなければならない理由がありました。
私は、メインマシンのMacBookProにWindowsも入れて使用しています。
それという物、Appleが提供してくれている「BootCamp」と言うソフトウェアのおかげなのですが、今まで使っていたのがベータ版。
つまり正式リリース前の試用版と言った位置づけでした。
そしてその初めての正式版が、今回のLeopardに付いてくるのです。
しかもベータ版の使用期限がLeopard発売までと言う解りやすさ。
と言うことで、きっちり発売日に買いに行く事にも正当な理由が出来た訳です。

発売は午後6時。
発売15分前。
ストアは一時休店し、歩道にマックユーザーが列を作って待っていました。
気温は13度くらいだったでしょうかね、そんなに寒いわけでは無かったのですが、アップルの好意でスタバのコーヒーが振る舞われました。
案の定、興味を持ったおじさんが「何の行列?」と聞いてきます。
スタバのお姉ちゃんが「え~、マックというパソコンの、新しいオーエスの発売で・・」と答えると、
「そんなの分からんわ!若い人じゃないから!」と、勝手に逆ギレ気味・・。
聞いたのあんたやん(笑)

そしてスタッフによるカウントダウン。
(燃えてるなー、燃えてるはのスタッフだけだよ、Tシャツ一丁で寒そうだ・・)
開店と同時に私はLeopardのパッケージを手にとりレジに。

他のお客さんは色々なデモを見たり、iPodを物色したりしてます。

知らなかったのですが、先着数名にTシャツプレゼントがありました。
適当にサイズをLと答えたところ、メリケンなLサイズで後悔しました。