これまでの間、私の平日の昼飯は外食割合が100%。
自身のセールスポイントを「軽いフットワーク」としていた事もあって、一日で複数の職場を渡り歩く毎日。
そう、こう言った時間的余裕が無い暮らしを、自身の評価が高い故と勘違いし、自分を誤魔化していたのだ。
しかし札幌に移住した私は、このあと人生の本質に気付き、涙する事になる・・。

札幌での生活は、これまでのクライアントと離れた事もあって収入的にはもう、お話になりません。
(とは言え、今はまだ種まきの時期で何とも言えない。しかし手応えを徐々に感じつつあって、今後の期待はできるハズ?)
しかし悪い事ばかりでも有りません、反面時間がたっぷり出来ました。
自宅で昼飯を食うスローフードな毎日。

むむ?この暮らしは良いぞ?
外食をやめたからかな?いくぶん顔の輪郭がシャープになったよ?
プチメタボぽかった「マイ腹」も、なんだか軽くなった気がするよ?
ハラスに脂が乗ったアキアジばかりが男じゃない!
これからは鼻の曲がったホッチャレ男が世を席巻するのだ!

※豆知識
川に上る前の海で獲れる雄鮭は、腹に脂が乗っており、鼻も曲がっていない。
しかし川に上りはじめた鮭は捕食をやめ、体内の栄養分を消費しながら産卵地を目指す。
この時期の痩せて鼻が曲がったように見える雄鮭を、ホッチャレと言う。

しかし北海道には良い物が有りますな、「ヒルメシハウチ」派の大きな味方です。
(「ブルジョワジー」に掛けた駄洒落だが、もはや原形を留めていない。)
それが「ベル食品」です。

ベル食品とは、その筋においては北海道で不動の地位にある会社です。
どの筋かと言うと「タレ」の筋なのです。

北海道人なら知らない人はいない「華味」と言うラーメンスープの素を筆頭に、ベル食品はジンギスカンのタレでもデファクトスタンダードです。
どんな肉でもこのタレさえ付けて出せば、北海道人なら「ジンギスカンだ」と言うでしょう。
そして!
このベル食品が最近放った刺客、それが「スープカレーの作り方」だ!
(いや、最近じゃないのかも知れないが自分は最近知ったので・・)

ううむ、こいつは凄い・・
ウチの近所にはスープカリー屋さんが点在する。
このタレの恐ろしいところは・・ちょっとアレンジを加えて作るとこれらの店の幾つかに勝っちゃう所。
こうなるとコストパフォーマンスの点で、ウチでスープカリー作るようになっちゃいますなー。
これはスープカリー店、商売上がっちゃったりじゃないの?
むむ?もしかすると既に、ここの業務用バージョンで作ってるとか・・?
ラーメン界においても、ここの業務用スープのシェアは莫大だと想像できるし・・

しかし不思議なのは、未だに不味いラーメン屋に出くわすと言う事。
不味いラーメン屋やスープカリー屋は、素直にココのタレ使ってくれ、と言いたい。