Roosterって言うのは雄鶏のことですが、スラングとしてうるさい奴を指すそうですな。
なんでこんなこと知ってるのかというと、昔Roostersって言うバンドを好んで聞いていたりしてまして、意味を調べたりしたからなのですが…。
そのうるさい奴と言うと、どうしても自分が思い浮かびます。
小学校や中学校の時代までは、私が風邪で学校を休みますと、大変教室が静かだったそうです。
で、級友が、「お前がいないと非常に退屈だ、早く出てきて欲しい」などと言うものだから、使命感に駆られちゃって、どうしても授業中にピーチクパーチク…
先生にとっては、えらく迷惑だったと推察いたします、この場を借りてお詫び申し上げる次第でございます。

そんな前振りが今の自分とどう繋がるのかというと、これは無理やりとしか言えませんが、現在の私はどちらかというと物静かな方です。
口は災いの元と言う格言を、過去に数多く痛感したりなどいたしますと、いいかげん口数も減るというものです。
まだ本論に入っていない事に愕然としたりなどいたしますが、本当に言いたいことはスピーカーについてなのです。
スピーカーって、皆様の周辺にはどれくらいあります?
テレビのステレオスピーカーで2個、オーディオ用で2個、PC用に2個、ステレオだと2個2個で増えて行きます。

今の自分は、口数を減らした反動でしょうか、スピーカー収集癖が悪化しております。
と言っても高価なスピーカーなどはありません。
安い奴が大量に周辺にごろごろしているのです。

オーディオのセットが、2人しかいない家に大量に湧いています。
茶の間には、
・テレビ用(5.1chの安いYAMAHAのホームシアター)
・ラジオ用(BOSE111ADW+TRIOのチューナー+PHILIPSの6chアンプ)
・BGM用(Pioneerの古いブックシェルフ+iPod_or_奥さんのウィンドシンセ+エレキットの真空管アンプキット)
など、もう、アホかと・・

風呂場にもチューナーからの出力を引いて、安物のスピーカーを鳴らしたりしています。
奥の部屋には故・長岡鉄男氏設計のバックロードホーンD-101_SWANが、カインの真空管アンプでバリバリと鳴っています。
SWANの脇には、昔SWANにはまっていたFE103が裸で転がっているため、これの箱を今作っています。
寝室には20cmフルレンジユニットがはまるダブルバスレフの箱が眠っています。
PC用のスピーカーは、気に入るものについに巡り合えなかったため、Ganbooさんの所にBOSEのcompanion3が嫁いで行きましたし、職場にも2セットばかり置いてあります。

とりあえず収拾がつかないこんな状態で、休日になるとレイアウトを変えたり箱を作ってみたりしているのが、今の私のお喋りにかわるストレス発散のようです。
さて、こんな環境が、どんなハプニングを起こすのか・・

今後お話しすることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)