真夏の暑さで半袖を着るようになった。
そして自分の腕を見て、その色の白さに驚いた。
働く前は自分は地黒だとばかり思っていたが、実はそうではなかったのだ。

幼少の頃よりやせ形だったことに加え、どうやら外に出たときに日焼けしやすい体質だったのだろう、どちらかというと南の方に住む人種に近い外観を持つ少年だった。

そんな自分も日に当たらない生活をしていると、メラニンの色素が薄れ、色白になったらしい。
なんだか自分自身を知らないでいたような、変な感覚だ。

自分が色白というのは、正直言って気分がよろしくない。
出来れば少しずつ日の光を浴びて、元の色に戻していきたい所だ。

こんなことを考えていたら、頭の中にある言葉が浮かんできた。

1つ、腹ペコのまま学校に行かぬ事。
1つ、天気の良い日に布団をほす事。
1つ、道を歩く時には車に気を付ける事。
1つ、他人の力を頼りにしない事。
1つ、土の上を裸足で走り回って遊ぶ事。

そう、ウルトラ5つの誓いだ。

最近、土の上で裸足で走り回らないよなぁ。
と言うより随分昔から、外で裸足になることなど無かった。
浜辺などにも、スプライトの瓶の破片なんかが落ちていて危なかったもの。
(何故かスプライトなんだ、これが)

しかしこの中の「他人の力を頼りにしない事」ってのは名言だよなあ、心に留めておこう。
それと、明日あたり布団を干すことにしよう。

ウルトラ5つの誓いがわからない方は、お近くのウルトラマンマニアにお聞きください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)