職場に置いてある私の私物のPCは、同一セグメント上のクライアントのために、プリントサーバを兼ねている。
これはマウスコンピュータの一番安い奴で、コストパフォーマンスが高く、非常に重宝している。
ただし、高級品ではないため、動作の点で完全には信頼を置ける物にはなっていない。

昨日になるがこのPC、長時間の連続運転がたたったか、モニタが真っ白になってしまい、何も出来なくなった。
スタンドアローン機の場合、こういった場合は電源ボタンを長押しするなどして強制終了せざるを得ないわけだが、そこはそれ私はこんな場合をちゃんと想定している。
どうしているかと言うと、Windows2000なのだがtelnetのサービスを実行しているのだ。
このtelnet、ネットワークの別のPCからのコマンドを受け付ける事ができる。

そんなわけで、iBookのターミナルから適当にアドレスを打ち込んでログイン。
コマンドで再起動をかけた所、何故か壁の向こうから悲鳴が聞こえた。

そう、別なPCを再起動してしまったらしい。
ごめんよ〜、悪気は無かったんだよ〜(汗